VIO脱毛は痛いって本当?ー今更聞けないアソコの話ー

VIO脱毛は痛いって本当?ー今更聞けないアソコの話ー

VIO脱毛はおしゃれや流行に敏感な女子にとってはもはや常識。

でも中には「VIOってなに? 痛い? どうやるの? ハイジニーナって?」と疑問を持っている子もたくさん。今回はそんないろんな「?」と実体を調査してきました。

VIO脱毛入門

今やSNSから電車の中まで、脱毛サロンの広告を見ない日はないと言っても過言ではないですよね。

脱毛サロンへ通うことがかなりポピュラーになっている今、脱毛の中でも特に注目を浴びている「VIO脱毛」について、ここでじっくり見ていきましょう。

そもそも「VIO」とは

「VIO脱毛」の「VIO」とはなんだかわかりますか?

実はすごくシンプルで、VIOというアルファベットは処理をする部位の形を指しているんです。

VはVライン(ビキニライン)、Iは陰部の両脇、Oはお尻の穴のまわりのアンダーヘアのことで読み方はそのまま「ヴイアイオー」と読みます。

腕やワキのムダ毛を処理するのと同じように、アンダーヘアもお手入れをするのが一般的になってきているんです。

形いろいろVライン♡

ひと口にVラインといってもその種類・デザインはさまざま。

Vラインのもとの形となる逆三角形をナチュラルに整えたり、楕円形にしたり。デザイン性を求めたい人は、かわいいハート型や蝶の形にできることも!

希望のデザインができるかどうかはサロンによって異なってくるので、カウンセリングの際に聞いてみてくださいね。

ハートの画像

全部剃っちゃうハイジニーナ

VIO脱毛について調べてみると「ハイジニーナ(ハイジーナ)」という単語を目にします。

ハイジニーナ、それはズバリ、パイパンのこと。つまり全部剃ることです。

美意識の高い女子の間ではだんだんと一般的になってきるハイジニーナですが、見た目の好みだけではなく、無毛であることで特に生理のにおいやムレを軽減できることも人気の秘密なんだとか。

ちなみにハイジニーナという言葉は「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」が由来となっていて、それくらい衛生的なんですね。

VIO脱毛のメリットとデメリット

VIO脱毛をする前に知っておきたいのが、施術をすることによって生じるメリットとデメリットですよね。

実際にVIO脱毛を受けた女性たちにその後の感想を聞いてみると…

・ムレやかゆみなどの肌トラブルが改善した
・生理中のにおいが軽減し、清潔感を保てているように感じる
・おしゃれな下着や水着を楽しめる
・急な予定に「処理してないのに…」と焦ることがない
・男女共に無毛だとセックスのときの奥まで入る感覚が段違い
・“水回りをキレイに”という風水もまかなえてると思う

などなど「やってよかった」というものばかり。

デメリットは、強いて言うなら…という前置きがあった上で、

・温泉などでジロジロ見られることがある

といった声がありました。

確かにハイジニーナの場合は今はまだは珍しく見られてしまうかもしれませんが、若いコたちには常識になりつつあるものなのでこれからは大丈夫!

ポップなバスタブの画像

VIO脱毛は痛い⁉

VIO脱毛の際の痛み。それは正直に言うと、個人差がある! です。

VIO脱毛の施術箇所はもともと皮膚が薄いうえに、レーザーはメラニン色素に反応するので、肌が黒ずんでいたり毛が濃い人にはより痛く感じてしまうことも…。
ただ、生理前後などの肌が敏感な時や乾燥を避けると痛みが軽減します。

また「VIOは超痛い!」と相当覚悟してから行くと「あれ?思ってたより平気だったかも」と感じることができるのでオススメです。
施術中は痛みで汗をかくことがあるので、心配な人は替えのシャツやキャミソールを持っていくといいかも。

かわいい医療器具の画像

男性からみたホンネは?

男性から見てVIOをきれいにしている女性はどう思われているのでしょうか?

脱毛専門サイト『NII-NA』調べによると、彼女にアンダーヘアのお手入れをしてほしいかという質問に対し、YESと答えた男性は78%にものぼりました!
さらにハイジニーナに関しては下記のグラフの通り。

 

グラフ
(出典 NII-NA)

約半数もの人がハイジニーナに対して好感を持っていることがわかりました。
これで心置きなく好きな処理ができますね。

まとめ

VIO脱毛、いかがだったでしょうか?
時代の移り変わりとともにアンダーヘアへの意識も変わりつつあります。
普段見えないところだからこそ、とっておきのおしゃれを楽しんでみては?