【元風俗嬢が徹底解説】未経験に多い悩みランキング1位~5位

【元風俗嬢が徹底解説】未経験に多い悩みランキング1位~5位

風俗嬢、特に業界未経験の女の子は、実際にお店に出て風俗嬢として働く前から悩みや不安が多いですよね。

  • 身バレ
  • 危ない客
  • 性病

などなど、不安や悩みの種を挙げていったらキリがありません。

「悩みが多すぎて何から相談すればいいのか分からない……」という未経験の女の子もいるかと思います。

今回は元風俗嬢の私が、「未経験の風俗嬢にありがちな悩みトップ5」をランキング形式で発表します!

どんなに稼げる風俗嬢でも一度は直面してしまう問題を一通りまとめましたので、お仕事に役立ててください!

業界未経験の風俗嬢の悩み第1位:風俗は身バレする?

草原で寝る男性

未経験の女の子の悩みで一番多いのは、「風俗で身バレせずに働けるかどうか」

家族や親戚、友達などなど、親しい人には自分が風俗嬢だと知られたくないですよね。

結論からいえば、絶対に風俗嬢だとバレない保証はありません。
しかし、風俗嬢だとバレてしまう「身バレ」の対策で、バレる可能性はぐっと減らせます!

身バレ対策ってなに?

身バレ対策とは、自分が風俗で働いていることを隠すための対策の色々な方法のこと。

身バレ対策には、自分ひとりでできるものから、お店に手伝ってもらえるものまで様々な方法があります。

自分でできる身バレ対策の例

自分でできる手っ取り早い身バレ対策としては、お金の使い方に気をつけること。

風俗嬢の仕事は一度にもらえるお金が大きいので、金銭感覚が狂いがちになります。
家族や友達相手に必要以上に奢ってしまったりすると、まず疑われます!

お金を使いすぎて風俗の仕事がバレてしまうのはよくある落とし穴なので、特に気をつけましょう。

お店が身バレ対策をしてくれることもある

たとえば、最初の出勤日に風俗嬢がやる「写真撮影」。

撮った写真には、モザイクや修正をかけますよね?
これもお店が最低限やってくれる身バレ対策のひとつです。

身バレ対策にはアリバイ会社が便利!

「どこで働いてるの?」とチェックが厳しい両親には、アリバイ会社を使って、在籍する風俗店ではない架空の会社の名前を使ってやり過ごすことができます。

名刺や電話番号、職歴から、給与明細や社員証といった重要な書類まで、全部ダミーのものを用意してくれます。

アリバイ書類は偽物!契約や審査には使えない

ただし、アリバイ会社が用意してくれるのはあくまでも偽造書類。
契約や審査、役所への提出などには使えません。

使ってしまうと重い罪に問われるので、絶対に使わないでください!

身バレ対策にアリバイ会社を使いたいなら、大手優良風俗グループに所属している風俗店に在籍するのが一番効率がよくてオススメです。

業界未経験の風俗嬢の悩み第2位:風俗に来る嫌な客

落ち込む男の子

身バレの次に悩んでいる風俗嬢が多いのが「風俗に来る嫌な客」

風俗を利用するお客さんの中には、クレーマーのようなひどいお客さんもいます。

たとえば、特に多いのはこんなお客さん。

  • パネマジなんかしてないのに「写真と別人。チェンジで。」と言いがかりをつけられた
  • 本番しようとしてきたので怒ったら逆ギレされた
  • 最低限の清潔さを守ってくれない

嫌な客は、風俗嬢が強く出られない立場なのを知っていて、その上でイビったり、キレたりしています。

そんな相手を接客でやり過ごすのは、業界での経験が長い風俗嬢でも難しいです。

風俗の嫌な客・変な客には、店長や男性スタッフが対応してくれる

お客さんとの間で起こったトラブル・もめごとには、店長や男性スタッフがすぐに対応してくれます。

たとえ風俗嬢側に問題があったとしても、まずはスタッフがかけつけてくれるのが普通です。

なので、困ったときはあせらずスタッフに連絡しましょう。

「ちょっとしたことで呼ばれたらお店に迷惑じゃないの?」

風俗嬢とは、基本的に自分の身体を使って男性の相手をするお仕事。

「このくらいで呼ぶわけにも……」と我慢してしまった末、暴力や事件に発展してしまうことの方が大変です。

何より、「この人ヤバイかも」という直感は結構当たるものです。
自分の身を守ることがお店を守ると思って、迷わずスタッフに助けてもらいましょう!

業界未経験の風俗嬢の悩み第3位:風俗嬢は性病になりやすい?

薬と女性

残念ながら、性病にかかっている風俗嬢は多いです。

風俗嬢のおよそ2人に1人が性病ともいわれています。

フェラや素股など粘膜を通じてお客さんと触れ合うプレイが多いので、昼職などの仕事より必然的に性病の感染率が上がってしまうんです。

性病に感染しないコツと、感染したときの対処法

一応ですが、私は一度も性病にかかったことがありません。

理由は、次に挙げる性病対策を徹底してきたからだと思っています。

もちろん、対策をしても絶対性病にならないわけではないので、たまたま私がもらわなかっただけかなぁ……という気持ちも正直あります!

  • 性病の感染元である「粘膜」の清潔さを意識し、免疫力を上げられるものを食べる
  • 手洗い・うがいを必ずやる
  • 定期的に性病検査を受ける

この3つを徹底すれば、性病の感染率を抑えられるだけではなく、たとえ性病に感染したとしても、産婦人科で処方してもらえる薬で早めに治すことができます。

性病になりやすい風俗嬢の特徴

今まで私の周りの風俗嬢を見る限りでは、性病に感染している風俗嬢は殺菌消毒をしていない女の子が多かったです。

  • プレイが終わった後
  • トイレに行った後
  • 出勤時・退勤時

などなど、手洗い・うがいといった殺菌消毒をするタイミングは、風俗嬢の仕事中だけではなく休みの日にも多いものです。

性病は粘膜からかかります。
日頃から粘膜を守ってあげないと、体の免疫力や抵抗力が落ちて病気にかかりやすくなってしまいます。

風俗は昼職より粘膜を酷使する仕事なので、体や手、口、アソコの清潔さには気を配る必要があります。

業界未経験の風俗嬢の悩み第4位:風俗は最初しか稼げない?

お金

  • 風俗で稼げるのは最初の新人期間だけ?
  • 新人期間が終わると日給が下がる?

実はこのふたつは大きな勘違いです!

たしかに、風俗嬢の新人期間は一番稼げるチャンスかもしれません。

未経験の風俗嬢はお店の公式サイトなどで強くプッシュしてもらえますし、お客さんもチヤホヤしてくれるので、思っていたより稼げることが多いです。

ですが、だからといって、新人期間が稼げるピークというわけではありません。

ベテランになってからも変わらず稼いでいる風俗嬢も多いですよ!

新人期間が終わってからも稼げる風俗嬢に共通していること

新人期間が終わってからも稼ぎ続けられる風俗嬢は、「お客さんとの会話と接客」が得意という共通点があります。

新人期間中はお店からお客さんを回してもらえることが多いので、思っていたより指名に困らないと思います。

ですが、新人期間が終わってお店からのバックアップも少なくなると、指名してくれる・リピートしてくれるお客さんを自分で捕まえなければなりません。

その時に必要になるのが会話力や高い接客レベル。

新人期間が終わってからも日給を下げずに稼ぐためには、お客さんを満足させるための努力やスキルを日々磨く努力が大事になってきます。

業界未経験の風俗嬢の悩み第5位:風俗店は辞めるのが難しい?

立ち去るカエル

結論からいえば、風俗店を辞めるのは難しくありません。
むしろ、昼職の普通の会社に退職願を出すよりずっとカンタンなんです。

基本的に、風俗店と風俗嬢の間には雇用関係はないことになっています。

つまり、「この日に辞めます」と店長に伝えるだけで辞められます。
退職願も普通の会社でやるような面倒な手続きも必要ありません。

風俗店を辞めるときにしてはいけないこと

「辞める」というだけで辞められるシステム上、バックレをする風俗嬢は多いです。

ただし、今後別の店で風俗嬢として稼いでいくつもりなら、バックレはなるべく避けた方がいいです。

風俗業界は横のつながりが広い世界で、裏で店どうしの情報共有がとても多いです。
その中で、1度バックレた女の子の顔と名前をブラックリストに載せて、店どうしで共有していることがあるんです。

載せられてしまったら、他の風俗店で採用されづらくなり、働けなくなる可能性もあります。

風俗店を辞めさせてもらえない!どうすればいい?

お店のスタッフは「バックレはよくあること」という気構えの人がほとんど。
しかし、中には辞める風俗嬢に対して嫌がらせをする悪質な店もあります。

たとえば、先ほどのブラックリストに名前を載せて風俗店にリークする、辞めるなら罰金を払ってもらう、という脅迫。

実はハッタリであることが多いのですが、男の人に面と向かって脅されたら、受け流したり、言い返したりする余裕もありませんよね。

こうしたお店を相手にしても話が通じないことがほとんどなので、警察や相談ダイヤルに相談するのが一番効果的です。

バックレはどうしてもというときの最終手段に取っておくことをおすすめします。

まとめ

風俗で働いていると、自分でやらなければいけない問題から、誰かに助けてもらわなければ解決できない問題まで、色々な壁にぶち当たってしまうものです。

特に、未経験の女の子は自分ひとりで何とかしようとしがち。

助けてもらうことは風俗の仕事でも重要なので、ぜひ覚えておいてください!